haru555’s blog

岐阜在住、2人の息子の子育て真っ只中のアラフォーママです。日々子育てをする中で、もっと前から知ってたら良かったなと思う情報を発信しています。皆さんの子育てのお役に立てれば嬉しいです♪

週末の東山動植物園は事前準備とスケジューリングで小さな子連れでもストレスなく楽しめる!

愛知県名古屋市千種区にある「東山動植物園」。

 

東山動植物園は、2017年の入場者数は上野動物に次いで2番目に多く240万人。

飼育種類数は日本一、敷地面積も日本最大級の日本有数の動物園です。

 

園内は動物園本園、動物園北園、植物園の大きく3つに分かれています。

 

約20 年ぶりに4月の日曜日に旦那と3歳と1歳の息子を連れて行ってきました。

 

東山動植物園と言えば、とにかく混む!!と以前から聞いていましたが、実際に行ってみてどうだったか? 

また、岐阜から小さな子どもを連れて行くとどのように過ごせるかをここでお伝えしたいと思います。
f:id:ssayoko555:20190421203515j:image

この日はゴールデンウィークの1週間前の日曜日。

曇り時々晴れの天気で暑すぎることなく動物園日和のお天気でした。

 

岐阜市の自宅を7:40に出発し、高速を使って8:40に東山動植物園に到着しました。

 

9時開園ですがすでに正門前駐車場は混雑していたので、すぐ横のコインパーキングに駐車。

 

すでに列ができていたので、子どもは旦那に任せて私だけダッシュ

チケットを買うための列と入園するための列がの2つがあり、チケットを買うための列にすぐさま並びました。

 

週末に行く方は事前にコンビニ等でチケットを買っていくことをオススメします。

 

開園すればチケットの列はさくさく進み、旦那は入園の列に並んでいたためすんなり入園できました。

 

車で行く人は駐車場確保のために朝早く、公共交通機関で行く人は9時過ぎに到着するくらいがいいと思います。
f:id:ssayoko555:20190421221558j:image

東山動植物園は敷地面積が広いので入場者数が多くても、園内は混雑しているわけではありません。
f:id:ssayoko555:20190421203612j:image

3/16〜5/6は「春まつり」というイベントが開催されているので、いろいろな企業が協賛して複数のウォークラリーを行っていました。

歩いていると次々に紙を渡されるので、どれがどれだかよく分からず混乱。。

 

動物園本園を正門から奥に向かって進み、「インドサイ」→「コヅメカワウソ」→「アジアゾウ
f:id:ssayoko555:20190421203634j:image

やはり子どもはゾウを見て喜んでいました。
f:id:ssayoko555:20190422141325j:image

昔の動物園はコンクリートに囲まれたところに動物がいたのに、今は展示もとても工夫されています。

 

アクシスジカ」→「ライオン」→「スマトラトラ」を見て
f:id:ssayoko555:20190422141354j:image

大きな恐竜のオブジェの横を通り、「フラミンゴ」→「クマ」→「アミメキリンf:id:ssayoko555:20190422141518j:image

キリンの檻の前にベンチがあったので、キリンを見ながらおやつタイム。

奥の方に回ると近くでキリンを見れる展望台のようなものがあったので、長男と行ってきました。

 

そして、「コアラ」。

ちょうどこの日は赤ちゃんコアラの命名式があり、ますます大混雑。
f:id:ssayoko555:20190422141427j:image

なんと、お母さんコアラ「ホリー」が赤ちゃんの「ななみちゃん」をおんぶして移動する姿を見れました!

f:id:ssayoko555:20190422141544j:image

赤ちゃんが背中にしがみついている姿がとても愛らしかったです。

 

ホッキョクグマ」→「インコ」→「ペンギン」。

1歳の次男はペンギンが気に入ったようです食い入るように見つめていました。

f:id:ssayoko555:20190422141712j:image

「アシカ」
f:id:ssayoko555:20190422151527j:image

このあたりから長男のグズグズが始まり、旦那が抱っこ。

さらっと「ラーテル」「ユキヒョウ」等を見て。

ユキヒョウは檻が上に飛び出ていて、下からその姿を見上げることができます。
f:id:ssayoko555:20190422151706j:image

長男が歩かないので、10:20 に早すぎるランチ。

 

動物園本園の中央部には2つのレストラン棟が並んでいます。

 

5店舗入っている「ゾアシスウエスイースト  ZOOASIS east」と2店舗入っている「ゾアシスウエスト ZOOASIS west」。

 

私たちはゾアシスウエストZOOASIS west に入りました。
f:id:ssayoko555:20190422151902j:image
f:id:ssayoko555:20190422151721j:image

さすがに10:20 なので席は半分以上空いていました。
f:id:ssayoko555:20190422152046j:image

ピザやジェラートのお店「MILANO STYLE」ときしめんや甘味のお店「東山茶寮」の2つ。
f:id:ssayoko555:20190422152059j:image

東山茶寮の「カレーきしめん」800円、「トマト坦々きしめん」800円、「ミニきしめん」800円を注文。
f:id:ssayoko555:20190423105518j:image

きしめんだけでは物足りなかったので「鶏五目ご飯L」450円も追加。

3歳の長男はミニきしめんを美味しそうに食べ、鶏五目ご飯も少し。

 

1歳の次男はお弁当を持っていってたのですが、きしめんと鶏五目ご飯なら食べれたと思います。

 

テーマパーク等の飲食店は割高なイメージですが、このお店はショッピングセンターのフードコートとあまり変わらない値段設定だなと感じました。


f:id:ssayoko555:20190423105542j:imagef:id:ssayoko555:20190423105551j:image

10:30頃、食べながら周りを見るともう店内は満席。

東山茶寮は列ができていたので早めに動いて良かったです。

 

もう1つのMILANO STYLE は空いていました。
f:id:ssayoko555:20190423105605j:imagef:id:ssayoko555:20190423105615j:image

 

東山動植物園には外にたくさんのテーブルやイスがありますが、お昼どきにはすべて埋まり、さらにはあちらこちらにレジャーシートを敷いてお昼ごはんを食べている人で溢れ返っていました。

 

「カンガルー」を見てから、動物園北園へ。

スロープがありますが、遠かったので旦那がベビーカーをかついで階段を上がって移動。

 

「カバ」
f:id:ssayoko555:20190423105634j:image

チンパンジー」、ケイジで有名な「フクロテナガザル」をサラッと見て。
f:id:ssayoko555:20190423105652j:image
f:id:ssayoko555:20190423105721j:image
大人気のゴリラはちょうど休憩の時間で見れませんでした。

大人だけなら時間を潰してまた見に来ますが、長男のグズグズが復活。。 

シャバーニ見たかった。。

 

そしてふと気づくと朝よりも人が全体的に増えています。

午前より午後の方が混雑するんですね。

 

長男のご機嫌とりのために、動物園本園にまた戻って「ズーボゲート ZOOBOGATE」で休憩。
f:id:ssayoko555:20190423105740j:image

ここでソフトクリーム380円を食べました。

期間限定で「あまおう」と「あまおうミックス」があり、チョコに比べてさっぱりとして暖かい日に食べると後味がスッキリしました。

f:id:ssayoko555:20190423105808j:image

おみやげは可愛いものが多くついつい手にとってしまいます。
f:id:ssayoko555:20190423105820j:image

シャバーニコーナーがあり、東山動植物園を代表する人気者だと改めて感じました。
f:id:ssayoko555:20190423105907j:image

動物柄の子ども用の食器類が豊富で可愛く、息子にはキリン柄のフォークとスプーン(各216円)、箸(324円)を購入。
f:id:ssayoko555:20190423105930j:image

f:id:ssayoko555:20190423105948j:image

友人の子どもへのちょっとしたプレゼントにちょうど良いようなものがたくさん揃っていました。

 

このズーボゲート ZOOBOGATE にはどうぶつパンが売っていたのですが、12時過ぎにはどんどん売れて残り少なくなっていました。
f:id:ssayoko555:20190423110048j:image

f:id:ssayoko555:20190423110057j:image

ソフトクリームとおみやげを買って充電満タンになったはずの長男は、本格的な疲れが出てきてもうお帰りモード。

 

これ以上動物を見るのは諦めて「スカイビュートレイン」に。
f:id:ssayoko555:20190423110149j:image

スカイビュートレインの乗り場は動物園本園の正門すぐ近くと、植物園門近くの2つのみ。
f:id:ssayoko555:20190423110330j:image

料金
大人(中学生以上)片道:300円、1周:500円
子供(2歳以上)片道:150円、1周:250円
※小学生未満は大人(高校生以上)の同乗者が必要。
※同乗者もご利用料金が必要。

http://www.higasiyama.jp/blog/2012/04/01/post.html

 

通常2つの電車が走っているそうですが、この日は1つ修理中で電車が1つしか走っていませんでした。

 

チケット売り場の横の列は人がほとんどいなかったのですぐ乗れると思っていたら、なかなか上のホームに入れてもらえず。

 

やっとエレベーターに乗ってホームに着いたと思ったら、そこからまたしばらく待ち。

 

なんだかんだで30分くらい待っていたと思います。

チケットを買う前に待ち時間を確認した方が良さそうですね。

f:id:ssayoko555:20190423142425j:image
ベビーカーは持ち込むこともホームに置いていくこともできます。
f:id:ssayoko555:20190423142402j:image

座席はけっこう狭く大人2人、子ども2人で普通に座れるくらい。ベビーカーを持ち込むとちょっと窮屈になります。
f:id:ssayoko555:20190423142438j:image

木々の間を抜けていくので気持ちが良いです。
f:id:ssayoko555:20190423142454j:image

私たちは植物園駅で降りずに、席だけ変えてそのまま乗り続けました。
f:id:ssayoko555:20190423142507j:image

他にも降りない人が何組もいたので、植物園駅から乗る場合は待ち時間が長くなりそうなのでご注意を。

 

1周約20分で動物園側の乗り場に帰ってきました。

 

そして私たちはこのまま動物園を出て駐車場へ。

時刻は13:00、滞在時間4時間でしたが、小さい子どもにはこれくらいが限界ではないでしょうか。

何せひたすら歩くので。

植物園まで回るなんて無理、動物園北園も半分くらいしか見れてません。

 

そして駐車場。

コインパーキングが土日は30分200円だったので4時間で1600円。

動植物園の駐車場は800円なのでちょうど倍です。仕方ありません。

 

ベビーカーの貸出が300円であるので、混雑する日は電車で来るのも1つの方法だと思います。

 

帰りの道は混むことなく進み、子どもたちは爆睡していました。

 

 

まとめ

東山動植物園は動物園としての規模が大きく、また施設がキレイで飲食店も新しくオシャレなテーマパークのような場所です。

また、トイレも清潔であちこちに授乳スペースも見かけました。

 

そのため東海エリアだけでなく全国から人が集まるため、気候の良い時期の週末は激混みです。

 

週末に行くときは必ず事前にコンビニでチケットを買っておくことをオススメします。

またランチは早めにレストランに入るか、お弁当とレジャーシートを持っていって外で食べれるよう準備して行きましょう。

 

車で行く方は駐車場確保のために開園前に、電車の方は開園後の9時過ぎくらいに行くと並ばずに入れると思います。

 

以上の点を押さえれば、園自体の敷地が広いので週末でもそこまで人混みのストレスを感じることはありませんでした。

 

事前準備とスケジュールをしっかり立てて、快適に楽しんでください!

 

東山動植物園

開園時間 9:00 〜16:50(入園は16:30 まで)

休園日 毎週月曜日 ※ただし月曜日が国民の祝日または振替休日の場合は直後の休日でない日が休園日

   年末年始12/29〜1/1

入園料 大人(高校生以上) 500円

    中学生以下無料

です)、12/29~1/1
住所 〒464-0804 名古屋市千種区東山元町3-70
電話番号 052-782-2111

http://www.higashiyama.city.nagoya.jp/

各務原市民公園は市の中心部にある遊具・水遊び・芝生・図書館のある多目的に遊べる公園

岐阜県各務原市那加門前町にある「各務原市民公園」。

 

もともと岐阜大学農学部・工学部があった場所で、各務原市の中心部にありますがとても広い公園です。
f:id:ssayoko555:20190409141436j:image

3時間まで無料の駐車場が公園の北東にあり、公園の西側は百十郎桜で有名な新境川が流れます。

桜が見頃の時には桜まつりのメイン会場として利用されている公園です。

 

公園内は、芝生広場、遊具広場、じゃぶしゃぶ池、各務原市立中央図書館等があります。
f:id:ssayoko555:20190409141509j:image

遊具広場は公園内の北西にあるので、駐車場からは少し歩きます。

 

大きな複合遊具。

f:id:ssayoko555:20190409141536j:image

f:id:ssayoko555:20190409141607j:image

その横には小さい子向けゾーン。f:id:ssayoko555:20190410141018j:image
滑り台や鉄棒、砂場。
f:id:ssayoko555:20190410141124j:image

この滑り台は階段に隙間がないので、1歳2ヶ月の息子も1人で上ることができました。
f:id:ssayoko555:20190410141151j:image
f:id:ssayoko555:20190410141236j:image

遊具のすぐ横に「じゃぶしゃぶ池」。
f:id:ssayoko555:20190409141651j:image

まだ4月なので水があまりなく掃除もされてないようでしたが、それでも入って遊んでいる子たちがいました。
f:id:ssayoko555:20190410141710j:image

 

各務原市民公園には他の公園とは違って、大人向けの健康器具が揃っています。
f:id:ssayoko555:20190409141723j:image

クロスカントリー、サークルターン、スイングウエスト、ツイストウエスト、プルウエイトの5つ。

 

どこの公園もそのうち遊具より健康器具が多くなるかもしれませんね。

 

この日は桜が見頃だったので公園内でお花見している人がたくさんいました。
f:id:ssayoko555:20190410141407j:image
境川だけでなく各務原市民公園内にも桜の木がたくさんあります。
f:id:ssayoko555:20190410141444j:image
芝生が広がるので遊び道具を持って行けばたくさん遊べそうです。
f:id:ssayoko555:20190410141518j:image
あちこちに木があるので木陰で休むことも。f:id:ssayoko555:20190410141534j:image

各務原市立中央図書館」

各務原市で最も大きな図書館です。参加無料の読み聞かせのイベントも開催されているので、予定を合わせて行くのもいいですね。

http://www.city.kakamigahara.lg.jp/appeal/shougaigakushu/102/005333.html


f:id:ssayoko555:20190410141548j:image

公園のトイレはあまり綺麗ではなかったので、図書館のトイレを利用してオムツ替えをしました。

 


f:id:ssayoko555:20190410141603j:image

初めてだと分かりづらいのですが、名鉄協商株式会社の駐車場が公園の駐車場となっています。

道路沿いの駐車場はロックが上がるタイプなので有料駐車場のように見えますが、3時間まで無料。

 

公園東側の道路沿いや北側に駐車場がいくつかあります。

 

公園のすぐ北側にはJR高山本線名鉄各務原線が走っています。

遊具エリアで木々の間から電車を見ることができました。

JRと名鉄の2つがあるのでかなり頻繁です。


f:id:ssayoko555:20190422214337j:image

また公園で遊んでいると度々飛行機の轟音が聞こえました。

航空自衛隊岐阜基地がすぐ近くにあるので機体が大きく見え、音もなかなかの大きさです。

乗り物好きの男の子は喜ぶこと間違いなしです!

 

このように各務原市民公園は、各務原市の中心部というアクセス抜群の場所にあり、無料の駐車場、遊具、水遊びの池、芝生、図書館、さらには電車・飛行機といろいろな目的で楽しめる公園です。

 

桜が見頃の時には、公園で遊んで新境川堤の桜を見に行くのもいいですね。

 

 

 

各務原市民公園

http://www.city.kakamigahara.lg.jp/shisetsu/1886/004382.html

岐阜県各務原市門前町3丁目

開園時間 常時開園
中央図書館:午前10時~午後7時(夏休み期間は午前9時~午後7時)
休業日 なし
中央図書館:毎週月曜日(その日が祝日などに当たるときはその翌日)
入園料 無料


公共交通機関でのアクセス
JR「那加駅」から徒歩15分 
名鉄「市民公園前駅」下車すぐ
ふれあいバス
那加線「市民公園中央図書館前」 下車すぐ


駐車場
市民公園駐車場340台
市民公園北駐車場168台
図書館前駐車場57台
市民公園通り駐車場22台
※3時間まで無料、以降1時間100円、24時間利用600円

 

大垣公園は遊具遊び、水遊び、お城見学ができる楽しい公園

岐阜県大垣市郭町にある「大垣公園」。
f:id:ssayoko555:20190410135759j:image
ここは大垣を代表する公園。

大垣駅から近く市の中心部にあり、大垣城もあります。
f:id:ssayoko555:20190410135840j:image
そして大垣市内1番の総合遊具。
f:id:ssayoko555:20190410135729j:image

f:id:ssayoko555:20190410135854j:image
いろいろなタイプの滑り台があちこちに飛び出ています。

f:id:ssayoko555:20190410135932j:image
 

複合遊具の他に、ブランコや小さい子向けの滑り台があります。
f:id:ssayoko555:20190410135951j:image


遊具のすぐ近くには「プレーパーク」という場所があります。

ここでは無料で遊び道具を借りることができます。

・ボール

・砂遊び道具

・バランスバイク 

・なわとび

子どもを連れていると荷物が多くて遊び道具まで持ってこれないことが多いので、その場で無料で借りれるサービスはありがたいです。

また、この小屋の中で授乳をすることもできます。

利用時間:9:00〜17:00

f:id:ssayoko555:20190410140032j:imagef:id:ssayoko555:20190410140014j:imagef:id:ssayoko555:20190410140055j:image

 

さらに「ママカフェ」というサービスもあります。
f:id:ssayoko555:20190410140111j:image

テントにあるテーブル&ベンチでセルフサービスで無料で休憩ができるというものです。

お湯・コーヒー・紅茶・日本茶が準備されていて、ここでランチをすることもできます。

平日9:00 〜14:00

 

「噴水池」 

遊具のすぐ横には噴水があり、水遊びができます。
f:id:ssayoko555:20190410140201j:image

10センチ程度の深さで小さな子でも安心して遊べます。

周りに木陰があるのも暑い日には助かります。

 

この日は桜が見頃だったのでお花見をしている方もたくさんいました。
f:id:ssayoko555:20190410140240j:image

ピクニックができる芝生が広がり気持ちがいいです。
f:id:ssayoko555:20190410140300j:image

f:id:ssayoko555:20190410140321j:image

大垣公園にはプレーパークとは別に他にも無料で遊具を貸し出ししている場所があります。
f:id:ssayoko555:20190410140335j:image

借りれる場所は「大垣市まちづくり市民活動センター」、大垣公園の敷地を出て少し歩いたところにあります。

バドミントンセットやソフトバレーボール等が借りれます。

利用時間:10:00 〜17:00

月曜日、年末年始休み


f:id:ssayoko555:20190410140402j:image

f:id:ssayoko555:20190410140419j:image

遊具エリアを北側に出るとすぐに大垣城があります。

大垣出身の私は子どもの頃によく遊びにきていたので懐かしい場所です。

 

が、段差が多くベビーカーでは入りづらい場所なのでこの日は外から見るだけ。
f:id:ssayoko555:20190410140459j:image

 

このように大垣公園は、遊具あり、水場あり、お城ありの楽しい公園です。

お天気の良い日にお弁当を持ってのんびり過ごすのにピッタリ。

 

ただ市の中心部だけに駐車場がありません。

遊びに行くときには、近くの市営立体駐車場を利用しましょう。

 

 

大垣公園

岐阜県大垣市郭町2-53

0584-47-8419(大垣市役所都市施設課)

駐車場なし

市営立体駐車場有り(30分100円)、徒歩3分

 

 

長良公園すぐ北のバムズカフェBHM'S cafeは大人がゆっくり過ごすカフェ

岐阜市長良にある「バムズカフェ BHM'S cafe」。
f:id:ssayoko555:20190416223944j:image

長良公園の道路を挟んですぐ北側にあります。

f:id:ssayoko555:20190416223957j:image

今日は長良公園で遊んだ帰りに1歳の息子を連れてランチに寄りました。
f:id:ssayoko555:20190416224017j:image

バムズカフェはオシャレカフェとして人気のお店ですが、子どもが産まれてからは行く機会が減りました。
f:id:ssayoko555:20190416224027j:image

お店の入口の手前にテラス席があります。

テラス席はペット同伴可なので、犬を連れた方をよく見かけます。
f:id:ssayoko555:20190416224048j:image

こちら側のテラス席は日差しが半分くらい通過して、お天気のいい日は暑かったです。
f:id:ssayoko555:20190416224101j:image

店内は通路がしっかり確保されているので、ベビーカーでの入店もできます。

子ども用の椅子や絵本も置いております。
f:id:ssayoko555:20190416224122j:image

壁際の席はソファタイプの席だったので、子ども用椅子は利用せずにソファに息子を座らせました。
f:id:ssayoko555:20190416224135j:image

ランチはすべて1200 円でサラダ・スープ・前菜3種が付きます。
f:id:ssayoko555:20190416224147j:image

ランチは、パスタ、ローストビーフ丼、サンドイッチ3種から選べました。

 

今日選んだのは、「エビ・アボカド・クリームチーズのトリプルサンド」
f:id:ssayoko555:20190416224158j:image

パンがクロワッサンで表面がサクサクして美味しかったです。

ただ、私にはちょっとボリュームがもの足りませんでした。

 

プラス150円でドリンクセットにすることができます。

 

ケーキセットが680円〜あるようで、ショーケースの中にケーキが並んでいました。
f:id:ssayoko555:20190416224212j:image

バムズカフェの隣にはオシャレな家具屋さん。
f:id:ssayoko555:20190416224234j:image

 

バムズテラス1階にはオシャレな雑貨屋さん「リブレット LIBRETTO

f:id:ssayoko555:20190418215620j:image

子ども用のものもあるのでプレゼントに最適です。
f:id:ssayoko555:20190418215638j:image

f:id:ssayoko555:20190418215654j:image

雑貨以外にもお菓子もたくさん売っていて試食ができるので、ついついモグモグ。 

 

同じ敷地内にバムズカフェBBCというもっとカジュアルなお店があります。
f:id:ssayoko555:20190416224245j:image

小さなお店ですが、イートインもできます。
f:id:ssayoko555:20190416224258j:image

 

バムズカフェは人気で、12時頃には満席になり1組待っていました。

年齢層は以外に高めで年配の方が多く、あとは学生さんのような若い人を見かけました。

 

そして、子連れは私だけ。

 

子ども用の椅子や絵本はありますが子ども用のメニューはなく、お値段も高めなので子連れ向けのお店ではないなと感じました。

 

大人同士がゆっくりランチやお茶をしておしゃべりを楽しむカフェです。

 

子どもが大きくなったら、ゆっくりまた来たいと思います。

 

 

バムズカフェ BHM'S cafe

岐阜県岐阜市長良井田50

058-294-8081

営業時間11:00~18:00(OS17:30)
[ランチ]11:00~14:30

定休日 水曜

駐車場 有 60台

大野町の黒野レールパークは屋内でも外でも無料で楽しめる!

大野町の「黒野レールパーク(黒野駅ミュージアム)」。
f:id:ssayoko555:20190413214231j:image
ここは廃線となった名古屋鉄道黒野駅を使って平成25年4月にできた施設です。

駅舎だったところは黒野駅ミュージアムになり、外にはプラットホームとレールが残されています。


f:id:ssayoko555:20190413215002j:image
「パレットピアおおの」から北に10分ほど行ったところにありますが、初めて行くときは細い道を進んで行くのでナビが合っているのか不安になります。

 

黒野レールパークはとても細長い敷地の中に、小さな2階建ての黒野駅ミュージアム、プラットホーム、遊具、芝生広場があります。


f:id:ssayoko555:20190407153451j:image

黒野駅ミュージアムは駅舎の雰囲気を残したレトロな建物です。

1階はプラレールの遊び場と「カフェくろの」。

f:id:ssayoko555:20190407153512j:image

長ーいプラレール
f:id:ssayoko555:20190407153747j:image

f:id:ssayoko555:20190407153813j:image

こちらのプラレールの2台。

テレビはいつもトーマスが観れます。

屋内ですがいつもドアが開放されているので、外の空気を感じながら遊ぶことができます。
f:id:ssayoko555:20190407153842j:image

自分で線路を組み立てて遊ぶコーナー。
f:id:ssayoko555:20190407154133j:image
カフェくろのを通過して2階に上がると、ジオラマが楽しめます。
f:id:ssayoko555:20190407153901j:image

メインのジオラマは昔の名古屋鉄道を再現したもので、廃線となった黒野駅もあります。


f:id:ssayoko555:20190407153953j:image

とても手の込んだ作りなので、じっくり見るといろいろな発見があります。
f:id:ssayoko555:20190407154039j:image

ジオラマの運転を体験することができ、

予約票のよう紙に名前を書くと切符がもらえ、
f:id:ssayoko555:20190407154226j:image
わりとすぐに順番が回ってきます。
f:id:ssayoko555:20190407154055j:image

簡単な操作で1回3周まで楽しめます。

ジオラマは全部で3台あります。
f:id:ssayoko555:20190407154202j:image

 

外を出るとすぐにプラットホーム。

残念ながら中に入ることはできません。
f:id:ssayoko555:20190413214317j:image
お花が植えてあってキレイに手入れされた公園です。

「顔出しパネル」

大野町の名産の柿とバラに挟まれて撮影。
f:id:ssayoko555:20190413214339j:image
「動く赤白電車」

f:id:ssayoko555:20190413214412j:image
土日祝の11:00と14:00に動き、乗ることができます。
1度に乗れるのは10人前後。f:id:ssayoko555:20190413214444j:image
スタッフの方たちの手作りのようで、f:id:ssayoko555:20190413215207j:image
前後に運転席がついています。
f:id:ssayoko555:20190413215220j:image
なんと電車でGO!のコントローラーがついてました。

電車好きの息子たちは何度も並んで乗っていました。

 

「乗れる赤白電車」
f:id:ssayoko555:20190407154522j:image

充電式なので充電できると乗せてもらうことができ、プラットホームの周りをぐるっと一周します。
f:id:ssayoko555:20190413214539j:image
「手押し赤白電車」

2台あり、空いていれば自由に使えます。
f:id:ssayoko555:20190413215304j:image

公園にはブランコや上に乗れる動物、
f:id:ssayoko555:20190413214608j:image
コンビ遊具があります。

踏切や駅がデザインされていて、こだわりを感じます。

f:id:ssayoko555:20190413214622j:image
芝生広場は細長く奥の方まで続いています。f:id:ssayoko555:20190413214734j:image
以前実際の踏切として使われていたものが置かれていたり。
f:id:ssayoko555:20190413214845j:image

f:id:ssayoko555:20190413214907j:image
最初見たときはこじんまりした公園だと思いましたが、実際遊ぶとなかなかの広さです。
f:id:ssayoko555:20190413214932j:image

「貸し出し遊具」
ストライダー、ボール、フラフープ、けん玉、縄跳び、こま、フリスビー。


f:id:ssayoko555:20190407154847j:image

3歳の長男がストライダーにはまり、ひたすら練習していました。

公園は混雑しておらず、舗装された道があるので安心して練習できます。

 

「カフェくろの」

営業時間:午前9:30~午後3:00

黒野駅ミュージアムの1階にあり、1日中モーニングをやっています。
f:id:ssayoko555:20190407154923j:image

コーヒー、カフェオレ、ミルク、ジュース等がドリンクのみで300円。モーニング付で400円。

 

食事は、カレーライス600円、焼きそば400円、おにぎり400円、サンドイッチ400円等。
f:id:ssayoko555:20190407155112j:image
f:id:ssayoko555:20190407155028j:image

カフェ内には絵本が置いてあり、子ども用のお菓子やアイスクリームも販売されていました。

 

とてもリーズナブルで必要なものがひと通り揃っているカフェです。

 

持込の飲食はカフェ内の白いテーブルでできるようです。(もちろん外の公園でも食べれます)

 

 

このように黒野レールパークは大きな施設ではありませんが、屋内で電車遊びをしたり、外で乗り物に乗ったり遊具で遊んだりといろいろな楽しみ方ができる施設です。

 

飲食以外はすべて無料で遊べるのも嬉しいポイントです。

 

施設全体がキレイに整備されていて、多目的トイレにオムツ替えの台も設置されていました。

 

赤ちゃんがハイハイできるような場所はありませんが、1歳〜5,6歳の子が楽しめそうな場所です。

 

パレットピアおおのから車で10分ほどなので、パレットピアおおのの後に遊びに来るのも良さそうです。

 

 


f:id:ssayoko555:20190407155234j:image


黒野駅レールパーク(黒野駅ミュージアム
 住所:〒501-0521 岐阜県揖斐郡大野町黒野560番地4
 TEL:0585-32-5001
 FAX : 0585-32-5001

黒野駅ミュージアムの営業時間:9:00~17:00
黒野駅ミュージアムの定休日 :毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日) 祝日の翌日 年末・年始(12/29~1/3)

 

輪之内町のプラネットプラザには長ーいローラー滑り台がある!

輪之内町に「プラネットプラザ」という複合施設があります。
f:id:ssayoko555:20190412132819j:image

ここは、アポロンスタジアムと呼ばれる野球場、文化会館、図書館、パタ-ゴルフ場、水の広場・ちびっこ広場、児童センターなどがあります。

 

すぐ近くの森ワクマーケット輪之内店に行った帰りに寄ってみました。

 

全体的に新しく作られた施設のようでキレイてす。

f:id:ssayoko555:20190412132835j:image
f:id:ssayoko555:20190412132856j:image
図書館の右側に綺麗に整備された広場があります。
f:id:ssayoko555:20190412132926j:image
輪之内町児童センター」はこの広場にあります。

f:id:ssayoko555:20190412132946j:image

f:id:ssayoko555:20190412133010j:image

広場を奥に進むと「水遊びの広場」。

この日は4月。さすがに水は入ってなかったです。

夏場は水遊びができるようです。
f:id:ssayoko555:20190412133043j:image

そしてさらに奥に進むと、とてもとても長い滑り台がありました。
f:id:ssayoko555:20190412133104j:image


f:id:ssayoko555:20190412133134j:image

長すぎて写真に収まらないのですが、ローラーの滑り台で、木々の間をくねくねと延びています。
f:id:ssayoko555:20190412133158j:image

滑り台の裏側は網のトンネル。
f:id:ssayoko555:20190412133211j:image

名前は「ジェットローラースライダー」。f:id:ssayoko555:20190412133253j:image
スライダー用マットは見当たりませんでしたが、そのまま普通に滑れます。 

月曜日はお休みのようなのでご注意ください。
f:id:ssayoko555:20190412133304j:image
滑り台の階段を登っていくと、アポロンスタジアムが見えます。
f:id:ssayoko555:20190412133332j:image
反対側は図書館や文化開館。
f:id:ssayoko555:20190412133356j:image
1番上まで来るとけっこう高いです。

1歳の次男を抱えて登ったので足がすくみました。
f:id:ssayoko555:20190412133345j:image
いざ、スタート!
f:id:ssayoko555:20190412133021j:image

桜の間をすり抜けて行くので、とても気持ちが良いです。
f:id:ssayoko555:20190412133423j:image

滑り台の横には芝生の広場がありました。
f:id:ssayoko555:20190412133443j:image 

さらに奥にアスレチックがあったようなのですが、この日は気付かずに帰ってしまいました。残念。


f:id:ssayoko555:20190412133518j:image


駐車場の横にあるのが「ちびっこ広場」。

町中によくある公園ですね。

滑り台、ブランコ、シーソー。
f:id:ssayoko555:20190412133532j:image

施設の外側には桜並木。
f:id:ssayoko555:20190412133548j:image

 

プラネットプラザだけを目的に遊びに来ても、そんなに長く滞在できないかなと思いました。

 

プラネットプラザ内に児童センターがあるので、児童センターを利用すればもっと楽しめるのかもしれません。

 

車で3分ほどの森ワクマーケット輪之内店で遊んで、外遊びもしたいなというときにちょうどいい場所です。

 

 

 

輪之内町プラネットプラザ

駐車場あり

岐阜県安八郡輪之内町中郷新田1-492付近

モリワクマーケット輪之内店は小さい子がのびのび遊べる無料の屋内施設

森ワクマーケットmoriwaku market輪之内店に行ってきました。


f:id:ssayoko555:20190411222540j:image

ここは、養老店とともに2018年10月にイオンタウン内にオープンしました。


f:id:ssayoko555:20190411222621j:image
養老店と輪之内店はそれぞれ異なるコンセプトで作られています。

 

輪之内店は、「山を俯瞰して見る」

養老店は、「森の中に等身大で入り込む」

 

2店舗ともスペースがとても広いのですが、輪之内店の方が視界を遮るものがなく、さらに広々した空間でした。

 

人工芝が遠くの方まで敷かれています。
f:id:ssayoko555:20190411222704j:image

木の床はトゲ等が刺さるといけないので靴を履き、人工芝は靴を脱ぐルールです。
f:id:ssayoko555:20190411222733j:image

早速靴を脱いで足を踏み入れると、思ったより柔らかくて気持ちがいいです。

これならハイハイ期の赤ちゃんも楽しめます。
f:id:ssayoko555:20190411222819j:image

そして、写真で見る以上にに起伏が大きいです。

1番高いところは大人の背丈ほどあるのではないでしょうか。

 

この日は1歳2ヶ月の次男を連れていきました。

最近歩くのが上手になりましたが、さすがにこの坂道はよろよろと転びながら歩き回っていました。

 

でも、転んでも下はフカフカ

安心して見ていられます。
f:id:ssayoko555:20190411222912j:image

至るところにこの注意書きが貼ってありました。

トラブルでもあったのでしょうか。
f:id:ssayoko555:20190411223627j:image
森ワクマーケットは、原則持ち込み不可です。

持込可能な飲食物は、

自動販売機で購入した飲料

・離乳食

・アレルギーのための飲食物

のみです。

 

輪之内店には遊具と呼べるものは1つもありません。

 

あるのは丸太と、この中を通り抜けられるトンネルのようなものが2つ。
f:id:ssayoko555:20190411222831j:image

中に入ると秘密基地のような感じで、子どもが喜んで入っていました。
f:id:ssayoko555:20190411223019j:image

f:id:ssayoko555:20190412140011j:image
人工芝のエリアを囲むように一坪ショップのスペースが作られています。
f:id:ssayoko555:20190411223100j:image
まだお店が入っていないので、これからに期待したいです。

 

養老店には椅子やソファが置かれていますが、輪之内店にはありません。

 

保護者は丸太や、端の方に腰をかけて見守ることができます。

f:id:ssayoko555:20190411223112j:image

奥にはテクノスポーツHADOがあります。
f:id:ssayoko555:20190411223126j:image

2019年3月から輪之内店・養老店に書店がオープンしました。

 

その名も「森の本屋」。
f:id:ssayoko555:20190411223136j:image

本屋も木材で作られています。
f:id:ssayoko555:20190411223154j:image

本屋とは思えない素敵なディスプレイです。
f:id:ssayoko555:20190411222551j:image

あちこちにテーブルやスツールが置かれていて、座って読んでもいいそうです。

※本屋外への持出不可
f:id:ssayoko555:20190411223219j:image

小学生以下の子は、保護者同伴で入れます。

飲食物の持ち込みは控えましょう。


f:id:ssayoko555:20190411223325j:image
本は8つのカテゴリー「育つ」「装う」「属する」「暮らす」「考える」「旅する」「森と生きる」「推し本」に分け、約2000冊取り揃えているそうです。
f:id:ssayoko555:20190411223248j:image

ついつい手に取りたくなる本ばかりですが、紙を食べる1歳児がいるので今日は我慢です。
f:id:ssayoko555:20190411223300j:image
「絵本コーナー」もありました。
f:id:ssayoko555:20190411223234j:image

森ワクマーケット内には飲食店があります。

「モリワクカフェ moriwaku cafe」
f:id:ssayoko555:20190411223340j:image

ランチは3種類。800円(税込)

・燻製カレーランチ

・彩り野菜とバジルチキンセット

・揚げたてのフライミックス定食

f:id:ssayoko555:20190411223413j:image


f:id:ssayoko555:20190411223424j:image

お店の横にも食べるスペースがあります。

ベビーチェア有り。
f:id:ssayoko555:20190411223436j:image

セルフサービスでお水等も用意されています。
f:id:ssayoko555:20190411223450j:image

「揚げたてのフライミックス定食」

ドリンクセットでカフェラテをつけて1000円。
f:id:ssayoko555:20190411223505j:image

1000円以上注文してぎふっ子カードを提示すると、子ども用のジュースがもらえました。

 

他の飲食店はジェラートECLAT があるはずだったのですが、営業していませんでした。
f:id:ssayoko555:20190411223541j:image

他、お団子屋さんができるという案内がありましたが、この日はまだなかったです。
f:id:ssayoko555:20190411223559j:image

2019年4月時点で飲食店はモリワクカフェのみでした。

 

イオンタウン内にイートインできる場所は見当たらなかったので、ランチはモリワクカフェか、いったん別の場所に移動しなければいけません。

 

トイレはモリワクマーケットを出てすぐ隣にあります。

キレイなオムツ替えの台と授乳スペースが有りました。

トイレにベビーチェア付。
f:id:ssayoko555:20190411223615j:image

 

以前に森ワクマーケットの養老店にも行きましたが、

養老店は2〜3歳以上の大きい子向け、

輪之内店は赤ちゃん〜1歳向けかなと思いました。

 

我が家は3歳と1歳の息子がいますが、輪之内店だと3歳児には少し物足りない気がします。

調子に乗って走り回って赤ちゃんと衝突するのも怖いですし。

 

森ワクマーケットでは、森ワクちゃんねるという講座が開催されています。

バランスボールやヨガ、リトミック等いろいろあるようでした。

 

まとめ

森ワクマーケットは養老店・輪之内店とも無料で遊べる広い室内施設です。

お子さんの年齢に合わせて店舗を選んで、雨の日のお出かけの候補に入れてみてはいかがでしょうか?

 
 
moriwaku market 輪之内店

〒503-0204

岐阜県安八郡輪之内町四郷新開280番1 

イオンタウン輪之内ショッピングセンター内

TEL:0584-69-5780

FAX:0584-69-5782

営業時間 10:30~18:00

定休日 年末年始(不定休)